イメージ画像

スカルプシャンプーランキング
すべてのお客様にご満足いただくために。

「発毛剤」タグの記事一覧

育毛剤と発毛剤

育毛剤 最近髪が細くなった…とか、シャンプーしてたら抜け毛が多くなった…とか、頭のてっぺんや後頭部が薄くなってきた…とかの理由で、育毛剤を使用したいと思ってませんか? そのためには正しい育毛剤の知識が重要になってきます。まず育毛剤を選ぶ際に重要なのは「自分の髪のトラブルの原因を理解しておく」ことです。人によって髪の毛の問題の原因は違ってきますので、どれが原因かを見極めることは育毛剤を選ぶのに重要なのです。 育毛剤には様々な働きをする成分が含まれています。 第一には頭皮の血行を促進するタイプ が上げられます。医薬品に指定されている「ミノキシジル」という成分は、血管を拡張して頭皮の血流量を増やす・頭皮の血行を良くする、という働きがあります。 第二に男性ホルモンの働きを抑制するタイプの成分が上げられます。薄毛の原因の一つ男性ホルモンを抑制する代表的な成分「フィナステリド」があります。これは酵素の働きを抑制することによって、男性ホルモンが変化することを防ぐ効果があります。 そして最後に、頭皮の皮脂を除去するタイプの成分があります。毛穴に詰まった皮脂を除去することで毛根の健康を促進し、頭皮環境を整えます。これらの成分を抜け毛の原因に合わせて使うことが肝要なのです。 発毛剤とは? 発毛剤とは脱毛防止や育毛・発毛の効果などがある薬のことを指します。 毛包(もうほう)細胞の活性化などにより,発毛の直接的効果を狙うのが目的です。発毛剤は、養毛剤や育毛剤のように元の髪の毛に効果を与えるものと違い、無から作りだすことが大きく異なります。もちろんそのためには高度なテクノロジーが必要とされます。また、開発・認可・コスト等ハードルも多く、商品化は簡単ではありません。 国際的に効果の認められている発毛剤というと、内服ではプロペシア・フィンペシアになります。 プロペシアは頭部の発毛を促進させ抜毛の進行を食い止める発毛剤として注目を浴びる成分フィナステリドで成り立っていて、ホルモンの働きを抑制し、抜け毛を防止する薬剤です。 フィンペシアはプロペシアと同じ成分フィナステリドを含有した、AGA(男性型脱毛症)治療薬です。国内でも、プロペシアは萬有製薬が発売しています。 また、ミノキシジルを主成分とする大正製薬の「リアップ」と商品もあります。これらはフィナステリドを主成分にして発毛剤としても強力とは言えるのですが、同時に勃起不全や性欲減退、性行為中の精子減少のリスクも抱えています。また処方薬なので医者の診療も必要で、保険もききませんので注意です。

サブコンテンツ
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

このページの先頭へ