イメージ画像

スカルプシャンプーランキング
すべてのお客様にご満足いただくために。

「不飽和脂肪酸」タグの記事一覧

不飽和脂肪酸とは

不飽和脂肪酸はアミノ酸と同じ構造をもつ、植物や魚に多く含まれている脂質です。 メタボ改善や健康に良いのですが、人間の体内では生成が不可能なので、人間にとっては外からでも摂取したい成分といえます。この不飽和脂肪酸が不足すると、血行の流れが悪くなったり細胞の分裂が不活発になってしまって身体の発育が鈍り、その結果抜け毛や薄毛の原因となります。特に生活習慣病にかかるよな中高年は決定的に「不飽和脂肪酸」が足りていないという報告があります。 不飽和脂肪酸が育毛の世界でも効果があると注目されているのは、この「細胞分裂促進」「成長作用」が頭皮や髪の毛でも言えるのではないか、という考えから来ています。 頭皮に不飽和脂肪酸を付けて馴染ませることで、頭皮から不足している不飽和脂肪酸を補給し、血行を活性化しターンオーバーのリズムを整えることで頭皮の環境が改善することが出来るというわけです。そのためか、最近ではシャンプーにも不飽和脂肪酸を配合したものが増えているようです。 不飽和脂肪酸のウーマシャンプー 不飽和脂肪酸のリマーユ

馬油とは

馬油は昔から火傷、肌荒れ、ひび、あけぎれ、切り傷、痔などの民間治療薬として広く知られていました。 馬油にはいくつか特徴があり、 一つには油なのに強力な浸透力があります。肌に塗ると強力な浸透力でべっとりとせずに皮膚の細胞間に入りこみ、皮脂ガウル負った状態を保ちます。 二つ目には抗酸化作用・殺菌作用があります。馬油が油膜を張って外部と遮断することによって、内部の空気を追い出し酸化を防ぎ、細菌をシャットアウトすることが出来ます。 三つ目には炎症を抑え熱を取る作用です。場油に火傷の効能があるのはこの作用によるものです。 四つ目には保湿や血液の循環を促進する力が挙げられます。馬油は少ない量で幅広くひろがって膜を作り、保湿や保温を促し、結果的に血行の循環を促進する効果が得られます。 最後に馬油は植物性脂肪と動物性脂肪の中間にあたり、動物脂肪酸にありがちなは飽和脂肪酸が少なく、不飽和脂肪酸が63%を占めています。一般に飽和脂肪酸はコレステロールが増大し、不飽和脂肪酸はコレステロールの沈着を防ぐのですが、馬油はその中間の中間的な性質を持っています。 馬油はかねてから東洋で漢方を扱う病院でも、アトピーやニキビのなどの治療薬としても処方されており、近年では美容や健康の方面でも注目されている、スキンケアにとって重要な成分なのです。 馬油配合シャンプーリマーユヘアシャンプー ウーマシャンプー

サブコンテンツ
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

このページの先頭へ