イメージ画像

スカルプシャンプーランキング
すべてのお客様にご満足いただくために。

無添加シャンプー

無添加シャンプーとは、化学物質を使っていない天然由来のものでできたものをさします。
ただし、具体的な基準や指標があるわけではなく、メーカーが独自の判断で謳っているのが実情です。

定義のひとつとして「表示指定成分が入っていないシャンプー」というのがあります。表示指定成分とは、シャンプーを含む化粧品などの場合、昭和40年代に厚生省(現・厚生労働省)が指定した約100種類の注意を要する成分のことをさします。

これらの成分に対しては「まれにアレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある成分」などの表示が義務付けられています。
そこで、メーカーは表示によるイメージダウンを避けるため「表示指定成分無添加」を謳うところが出てきました。現在ではもっと厳しく「色素・香料無添加」など無添加の定義を広げて謳っているところもあります。

2001年の薬事法改正により、化粧品は全成分を表示することになりました。今ではすべての成分を見れば消費者が判断できるようになっています。”何が無添加なのか?”という判断は、自分自身で各製品の表示されている配合成分を把握して、わからない成分名は消費者の側で調べるなどする必要があると思います。

関連記事:

  1. ノンシリコンシャンプーとは
  2. アミノ酸系洗浄成分とは
  3. 育毛剤と発毛剤
  4. アルガンオイルとは
  5. 馬油とは

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

このページの先頭へ