イメージ画像

スカルプシャンプーランキング
すべてのお客様にご満足いただくために。

スカルプシャンプーとは

最近耳にするようになった「スカルプシャンプー」。他のシャンプーとどう違うの?と疑問を持つ方もおられると思われます。

スカルプというのは英語で「頭皮」を意味します。文字通り頭皮のシャンプーというわけですね。ならば頭皮によいシャンプーというのはどういうことでしょうか?

シャンプーは頭皮や髪を洗うために、界面活性剤という洗浄成分が配合されています。界面活性剤とは、水になじみやすい面と、油になじみやすい面の両面性を持つ物質のことで、水で流せる汚れと、油で流せる汚れの両方を落とすことができます。しかし配合されている界面活性剤の中には、刺激が強すぎて抜け毛を促進してしまうものもあります。特に市場に隆注しているラウリル硫酸系のアルコール系界面活性剤は、刺激性やタンパク質変性作用があることでも知られています。頭皮に炎症を起こしたり、にきびを発生させたりといった皮膚トラブルを起こす可能性のほか、毛穴の奥の皮脂汚れだけではなく、外刺激から頭皮を守る役割を果たす分の皮脂まで除去してしまうほど洗浄力の強さも問題です。

そのため、抜け毛に対抗するには、正しいシャンプー選びが重要になりきます。
現在、抜け毛のケアに最も適したシャンプーはアミノ酸系の界面活性剤を配合した「アミノ酸系シャンプー」といわれています。アミノ酸は人体を構成している重要な成分であり、毛髪を構成しているタンパク質もアミノ酸から作られています。そのため、人間の身体や毛髪に優しく作用し、低刺激で知られる石けんを界面活性剤とした石けん系シャンプーよりも、さらに刺激性が少ないのが大きな特徴です。スカルプシャンプーにはアミノ酸系の界面活性剤を使用指定しています。そのため頭皮に負担を掛けることなく皮脂を洗い流し、さらには頭皮にバリア機能を与え頭皮を保湿することが出来ます。そうすることによって髪の毛や頭皮を自然な状態に保ち、最も自分に適した状態にしてくれるのです。

また、スカルプシャンプーのなかには育毛成分を配合し、いまある毛の環境をよくするものもあります。ただし基本的にスカルプシャンプーの役割はバランスの良い洗浄力で頭皮の環境を整えることに重点が置かれるので、抜け毛が酷い場合は育毛剤やマッサージなどと併用して利用するとよいかと思われます。

シャンプーを選ぶ際のポイントは「皮脂を取り過ぎない」「低刺激である」「ノンシリコン」「保湿力がある」、この4つをキーワードにして頭皮の質とあったモノを選ぶとよいでしょう。

関連記事:

  1. ノンシリコンシャンプーとは
  2. プレミアムブラックシャンプー
  3. ヴェフラ
  4. オーセル澡シャンプー
  5. ウーマシャンプー

コメントは停止中です。

サブコンテンツ
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

このページの先頭へ