イメージ画像

スカルプシャンプーランキング
すべてのお客様にご満足いただくために。

「スカルプケア」の記事一覧

無添加シャンプー

無添加シャンプーとは、化学物質を使っていない天然由来のものでできたものをさします。 ただし、具体的な基準や指標があるわけではなく、メーカーが独自の判断で謳っているのが実情です。 定義のひとつとして「表示指定成分が入っていないシャンプー」というのがあります。表示指定成分とは、シャンプーを含む化粧品などの場合、昭和40年代に厚生省(現・厚生労働省)が指定した約100種類の注意を要する成分のことをさします。 これらの成分に対しては「まれにアレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある成分」などの表示が義務付けられています。 そこで、メーカーは表示によるイメージダウンを避けるため「表示指定成分無添加」を謳うところが出てきました。現在ではもっと厳しく「色素・香料無添加」など無添加の定義を広げて謳っているところもあります。 2001年の薬事法改正により、化粧品は全成分を表示することになりました。今ではすべての成分を見れば消費者が判断できるようになっています。”何が無添加なのか?”という判断は、自分自身で各製品の表示されている配合成分を把握して、わからない成分名は消費者の側で調べるなどする必要があると思います。

不飽和脂肪酸とは

不飽和脂肪酸はアミノ酸と同じ構造をもつ、植物や魚に多く含まれている脂質です。 メタボ改善や健康に良いのですが、人間の体内では生成が不可能なので、人間にとっては外からでも摂取したい成分といえます。この不飽和脂肪酸が不足すると、血行の流れが悪くなったり細胞の分裂が不活発になってしまって身体の発育が鈍り、その結果抜け毛や薄毛の原因となります。特に生活習慣病にかかるよな中高年は決定的に「不飽和脂肪酸」が足りていないという報告があります。 不飽和脂肪酸が育毛の世界でも効果があると注目されているのは、この「細胞分裂促進」「成長作用」が頭皮や髪の毛でも言えるのではないか、という考えから来ています。 頭皮に不飽和脂肪酸を付けて馴染ませることで、頭皮から不足している不飽和脂肪酸を補給し、血行を活性化しターンオーバーのリズムを整えることで頭皮の環境が改善することが出来るというわけです。そのためか、最近ではシャンプーにも不飽和脂肪酸を配合したものが増えているようです。 不飽和脂肪酸のウーマシャンプー 不飽和脂肪酸のリマーユ

弱酸性シャンプーとは

弱酸性シャンプーとはその名の通り、pH5.5あたりの弱い酸性のpHをもったシャンプーのことを指します。 弱酸性シャンプーのどこが良いかというと、石油系シャンプーや石けんシャンプーなどのアルカリ性シャンプーと違って余計な皮脂やタンパク質を壊さないという利点があります。洗浄力は石油系シャンプーやアルカリ性シャンプーに比べては弱冠落ちますが、余計な要素を洗い流さないことで頭皮や髪の毛の健康を維持することが出来ます。 頭皮の表面を構成する皮脂膜は基本的に弱酸性で出来ています。 皮脂膜は頭皮や皮膚を保護するバリアの役割を担っており、外部のほこりやゴミ、最近から頭皮を守っています。ところが、石油系シャンプーやアルカリ性シャンプーだと、その洗浄力の強さで皮脂膜全体まで洗い流してしまい、その結果頭皮が持っている潤いや細菌に対するバリア要素を削いでしまい、頭皮や髪の毛に関するトラブルを誘発することになるわけです。アルカリ性だと肌の弱い人や皮膚疾患のある人には中和作用が起きて、皮膚を痛めるケースも起こります。 その点、弱酸性のものは肌のpHと同じなので、頭皮や皮膚にダメージを与えることがないので安心して使うことができるわけなのですね。 弱酸性シャンプー ヴェフラ 弱酸性シャンプー プレミアムブラックシャンプー

馬油とは

馬油は昔から火傷、肌荒れ、ひび、あけぎれ、切り傷、痔などの民間治療薬として広く知られていました。 馬油にはいくつか特徴があり、 一つには油なのに強力な浸透力があります。肌に塗ると強力な浸透力でべっとりとせずに皮膚の細胞間に入りこみ、皮脂ガウル負った状態を保ちます。 二つ目には抗酸化作用・殺菌作用があります。馬油が油膜を張って外部と遮断することによって、内部の空気を追い出し酸化を防ぎ、細菌をシャットアウトすることが出来ます。 三つ目には炎症を抑え熱を取る作用です。場油に火傷の効能があるのはこの作用によるものです。 四つ目には保湿や血液の循環を促進する力が挙げられます。馬油は少ない量で幅広くひろがって膜を作り、保湿や保温を促し、結果的に血行の循環を促進する効果が得られます。 最後に馬油は植物性脂肪と動物性脂肪の中間にあたり、動物脂肪酸にありがちなは飽和脂肪酸が少なく、不飽和脂肪酸が63%を占めています。一般に飽和脂肪酸はコレステロールが増大し、不飽和脂肪酸はコレステロールの沈着を防ぐのですが、馬油はその中間の中間的な性質を持っています。 馬油はかねてから東洋で漢方を扱う病院でも、アトピーやニキビのなどの治療薬としても処方されており、近年では美容や健康の方面でも注目されている、スキンケアにとって重要な成分なのです。 馬油配合シャンプーリマーユヘアシャンプー ウーマシャンプー

アルガンオイルとは

アルガンオイルとは、モロッコのみに生育しているアルガンの木の実から採取された数少ないオイルです。 モロッコでは、アルガンを生命力の源と考えられており、「人生の実」と呼んでおり、アルガンオイルを民間の治療薬として用いています。 近年、アルガンオイルはオリーブオイル以上に効能のある「モロッコの黄金」と呼ばれ欧米で注目されるようになりました。オイルなのにベタつかず、みずみずしい潤いを与える極上のテクスチャーが特徴で、オリーブオイルに比べてビタミンEが2~3倍多く含まれています。 抗酸化作用を持つビタミンEは、体の内外に対して老化防止の 機能を持つといわれています。また、同時に非常に高レベルの酸化を防ぐ効果があるとされるトコフェノールが含まれています。こうした有効な成分たちをバランスよく兼ね備えてます。そんなアルガンオイルは、美肌へ導く理想的なバランスをもった天然オイルとして、主に美や健康において効果があるといわれ、欧米を始め世界中の美容業界で注目を集めるようになったのです。 アルガンオイル配合シャンプー

育毛剤と発毛剤

育毛剤 最近髪が細くなった…とか、シャンプーしてたら抜け毛が多くなった…とか、頭のてっぺんや後頭部が薄くなってきた…とかの理由で、育毛剤を使用したいと思ってませんか? そのためには正しい育毛剤の知識が重要になってきます。まず育毛剤を選ぶ際に重要なのは「自分の髪のトラブルの原因を理解しておく」ことです。人によって髪の毛の問題の原因は違ってきますので、どれが原因かを見極めることは育毛剤を選ぶのに重要なのです。 育毛剤には様々な働きをする成分が含まれています。 第一には頭皮の血行を促進するタイプ が上げられます。医薬品に指定されている「ミノキシジル」という成分は、血管を拡張して頭皮の血流量を増やす・頭皮の血行を良くする、という働きがあります。 第二に男性ホルモンの働きを抑制するタイプの成分が上げられます。薄毛の原因の一つ男性ホルモンを抑制する代表的な成分「フィナステリド」があります。これは酵素の働きを抑制することによって、男性ホルモンが変化することを防ぐ効果があります。 そして最後に、頭皮の皮脂を除去するタイプの成分があります。毛穴に詰まった皮脂を除去することで毛根の健康を促進し、頭皮環境を整えます。これらの成分を抜け毛の原因に合わせて使うことが肝要なのです。 発毛剤とは? 発毛剤とは脱毛防止や育毛・発毛の効果などがある薬のことを指します。 毛包(もうほう)細胞の活性化などにより,発毛の直接的効果を狙うのが目的です。発毛剤は、養毛剤や育毛剤のように元の髪の毛に効果を与えるものと違い、無から作りだすことが大きく異なります。もちろんそのためには高度なテクノロジーが必要とされます。また、開発・認可・コスト等ハードルも多く、商品化は簡単ではありません。 国際的に効果の認められている発毛剤というと、内服ではプロペシア・フィンペシアになります。 プロペシアは頭部の発毛を促進させ抜毛の進行を食い止める発毛剤として注目を浴びる成分フィナステリドで成り立っていて、ホルモンの働きを抑制し、抜け毛を防止する薬剤です。 フィンペシアはプロペシアと同じ成分フィナステリドを含有した、AGA(男性型脱毛症)治療薬です。国内でも、プロペシアは萬有製薬が発売しています。 また、ミノキシジルを主成分とする大正製薬の「リアップ」と商品もあります。これらはフィナステリドを主成分にして発毛剤としても強力とは言えるのですが、同時に勃起不全や性欲減退、性行為中の精子減少のリスクも抱えています。また処方薬なので医者の診療も必要で、保険もききませんので注意です。

男性 抜毛の原因とは?

男性抜毛の原因

最近、シャンプーをしているといつもより毛が抜けるようになったとか、生え際が後退してきた…とと悩んでいませんか。 抜け毛には色々な要因があります。 その最たる例は男性型脱毛症(AGA) で、AGAの原因は男性ホルモンの働きによるものであることが確認されています。 AGAの症状の特徴には、前頭部の生え際が後退したり、頭頂部から薄くなったりする傾向がありますが、これは、前頭部や頭頂部が男性ホルモンの影響を受けやすい部位であることが原因で起きます。 ストレス しかし男性ホルモンだけが抜け毛の原因ではありません。 過度のストレスや睡眠不足から来る生活習慣の乱れが、抜け毛の原因としては大きなウエイトを持ちます。精神的・肉体的なバランスに乱れ(ストレス)が生じるとその結果、自律神経の均衡が保たれず交感神経が強く働き毛母細胞機能にも悪い影響を与えてしまいます。この様なストレスが溜まり続ける状態が長く続くと脱毛が完全に治癒することなく再発や慢性化したり、さらには全頭・汎発性脱毛症など悪性化する場合が多いのです。 食生活 また食生活の乱れも抜け毛に影響を与えます。 内臓の機能が低下すると栄養が行き渡らなくなり、重要度の低い頭皮に栄養がこなくなって抜け毛の原因となります。また生活の乱れは発毛周期の乱れを引き起こします。健全な発毛周期を繰り返している毛髪が、何らかのストレスを受けて早急に休止期に移行した結果、抜け毛の増加となって現れるというケースがあります。主に、太い毛髄質が観察される人ほど発毛周期の乱れが大きいといわれています。 フケ さらに、抜け毛の原因としてフケ症に由来するものもあります。フケは正常な状態でも発生しますが、この量が異常に多くなったり、かゆみを伴うようになると、フケ症の可能性があります。原因は睡眠不足や食生活の乱れ、男性ホルモンの乱れのほか、不十分な洗髪や、シャンプーの過剰な刺激による物が上げられます。その結果カサカサに乾いた頭皮から生まれる乾性フケや、逆に皮脂の分泌が過剰になって発生する脂性フケを引き起こします。これを放置すると炎症を引き起こして毛根に更なるダメージを与えたり、脂漏性皮膚炎から脂漏性脱毛症に発展する原因にもなります。 抜け毛の原因は、多くの場合、生活習慣やストレスの解消法、洗髪や髪のお手入れのあり方を見直すことで改善できます。 抜け毛が酷くなっては手遅れなので、早め早めに手を打っておきましょう。

スカルプシャンプーとは

最近耳にするようになった「スカルプシャンプー」。他のシャンプーとどう違うの?と疑問を持つ方もおられると思われます。 スカルプというのは英語で「頭皮」を意味します。文字通り頭皮のシャンプーというわけですね。ならば頭皮によいシャンプーというのはどういうことでしょうか? シャンプーは頭皮や髪を洗うために、界面活性剤という洗浄成分が配合されています。界面活性剤とは、水になじみやすい面と、油になじみやすい面の両面性を持つ物質のことで、水で流せる汚れと、油で流せる汚れの両方を落とすことができます。しかし配合されている界面活性剤の中には、刺激が強すぎて抜け毛を促進してしまうものもあります。特に市場に隆注しているラウリル硫酸系のアルコール系界面活性剤は、刺激性やタンパク質変性作用があることでも知られています。頭皮に炎症を起こしたり、にきびを発生させたりといった皮膚トラブルを起こす可能性のほか、毛穴の奥の皮脂汚れだけではなく、外刺激から頭皮を守る役割を果たす分の皮脂まで除去してしまうほど洗浄力の強さも問題です。

アミノ酸系洗浄成分とは

アミノ酸系洗浄成分とは、界面活性剤の材料に人間の身体に近い成分の高分子のアミノ酸を使用した合成洗浄成分のものを指します。

ノンシリコンシャンプーとは

ノンシリコンシャンプーとは、文字通り「シリコンを含まないシャンプー」のことを指します。 シャンプーの中にシリコンがあると何が悪いの? という疑問がありますが、そもそもシリコンの髪の毛に対する作用とは、髪の毛のキューティクルの「コーティング」にあります。 シリコンシャンプーは硫酸系洗浄成分の刺激緩和や髪のキシミ防止のためにシリコンを配合しているのですが、硫酸系洗浄成分は協力な洗浄力でキューティクルや頭皮を傷つけるのでそのコーティング剤として使われるわけです。

サブコンテンツ
にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ

このページの先頭へ